若手技術者活用!入札方式を改善?|神奈川県・横浜市の建設業許可申請・経審をサポートします!

ご相談無料! 電話受付時間 10:00~22:00(土日祝日も受付中)

【国交省】若手技術者活用推進へ!入札方式を改善?

カテゴリー:建設業お役立ち情報(ブログ)

4タイプの試行工事で課題・改善点を抽出?

国交省は直轄工事で13年度から試行している

若手技術者の配置を促す入札契約方式の改善を進めています。

総合評価方式の入札で

一定年齢以下の技術者専任配置を加点評価するなど

4タイプの試行工事を通じ、

若手技術者の配置状況や工事の品質・成績などを分析しています。

以下の4タイプを各地方整備局などで実施しています。

タイプI(対象・担当技術者)

一定年齢以下(35歳以下)の専任配置を加点

タイプII(主任〈監理〉技術者)

若手技術者が主任(監理)技術者として配置される場合

専任補助者の実績・成績を代わりに評価

タイプIII(主任〈監理〉技術者)

同種工事で現場代理人や担当技術者としての実績を同等評価

タイプIV(主任〈監理〉技術者)

一定年齢以下(40歳以下)

主任(監理)技術者の配置を参加条件

15年度に発注した試行工事の件数

▼タイプI 約300件

(14年度 約50件)

▼タイプII 約1600件

(14年度 約1800件)

▼タイプIII 整理中

▼タイプIV 約20件

(14年度 約10件)

受注した企業からは

・将来の担い手の確保に重要な取り組み

・若い時期に経験を積ませることは重要など

前向きな意見が多いようです。

国交省ではさらなる活用を進めるため、

試行工事で課題などを改良・改善していく考えです。

今後の若手技術者活用と総合評価方式入札はどうなる?

国交省は若手技術者の配置状況

工事品質・成績との関係などを分析し、

『総合評価方式の活用・改善等による品質確保に関する懇談会』

で改善策などを議論する予定です。

また、改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)には

担い手の確保・育成などの入札契約方式の選択・活用が盛り込まれています!

国交省直轄工事の入札で運用する

総合評価方式の運用ガイドラインを改定し、

中長期的な若手技術者確保を推進していきます!

神奈川県の建設業許可・経審はお任せ下さい!

当事務所では

建設業許可新規申請

更新・決算変更届・業種追加

経審・入札参加など

建設業許可関連のサポートをしております!

建設業許可取得へのお悩み・ご相談は

神奈川・横浜 建設業許可申請サポートまでお気軽にご連絡ください!

お問い合わせ記事用

建設業許可申請 新規取得コース

毎月3社様限定! WEB割引を実施中!!
知事許可・個人 )

130,000円110,000円~(税別)
知事許可・法人 )
150,000円130,000円~(税別)

お手続きの内容 申請先・許可区分 基本報酬額 証紙代等実費 合計
建設業許可
新規申請
知事・個人 130,000円
110,000円~
90,000円 200,000円~
知事・法人 150,000円
130,000円~
220,000円~
知事・特定 150,000円~ 240,000円~
大臣許可 180,000円~ 150,000円 330,000円~

更新・決算変更届・業種追加コース

お手続きの内容 申請先・許可区分 基本報酬額 証紙代等実費 合計
更新 知事許可 70,000円~ 50,000円 120,000円~
決算変更届 30,000円~ 30,000円~
業種追加 80,000円~ 50,000円 130,000円~
更新 大臣許可 120,000円~ 50,000円 170,000円~
決算変更届 60,000円~ 60,000円~
業種追加 120,000円~ 50,000円 170,000円~
各種変更届 役員・資本金・商号・代表者 20,000円~
経営業務の管理責任者・専任技術者 30,000円~

経営事項審査(経審)・入札参加資格申請コース

お手続きの内容 基本報酬額 証紙代等実費 合計
決算変更届(経審用) 50,000円~ 50,000円~
経営状況分析 30,000円~ 申請手数料 30,000円~
+申請手数料
経営事項審査 60,000円~ 申請業種数
による
60,000円~
+申請業種数
経審シミュレーション 30,000円~ 30,000円~
入札参加資格申請 30,000円~ 30,000円~(1自治体)
申請数により料金の変動あり

※報酬額は税抜表示です。
法定の消費税を乗じてご請求申し上げます。

※上記報酬額は基本料金となっております。
書類作成の難易度により変動がございます。
(取締役・技術者様の人数、経管・専技の証明方法、業種数、営業所の数など)
事前にお見積書をご提示いたします。

※登記簿謄本、納税証明書、身分証明書、登記されていないことの証明書などを当事務所にて取得代行する場合は、実費分をご請求いたします。