2016年 3月末 建設業許可業者数|神奈川県・横浜市の建設業許可申請・経審をサポートします!

ご相談無料! 電話受付時間 10:00~22:00(土日祝日も受付中)

【国交省発表!】建設業許可業者は減少している?

カテゴリー:建設業お役立ち情報(ブログ)

 2016年3月末現在の建設業許可業者数

全国の許可業者は前年比1.1%減の46万7635社になりました。

ピークだった2000年3月の60万0980社と比較すると、

22.2%の減少となっています。

都道府県別 許可業者数

1位 東京都

(43,280 業者 全体の9.3%)

2位 大阪府

(36,688 業者 全体の7.8%)

3位 神奈川県

(27,003 業者 全体の5.8%)

業種別の許可業者数

許可業者が多いのは

とび・土工工事業

(162,041 業者 全体の34.7%)

建築工事業

(158,263 業者 全体の33.8%)

土木工事業になっています。

(132,152 業者 全体の28.3%)

許可業者が少ないのは

清掃施設工事業

(470 業者 全体の 0.1%)

さく井工事業

( 2,527 業者 全体の 0.5%)

電気通信工事業になっています。

( 14,086 業者 全体の 3.0%)

15年度に新規許可を取得した業者数

1万9156社で前年度比13.0%増となりました。

廃業等は66.5%増の2万4442社となっています。

廃業・失効が増加している背景には、

許可有効期間が3年⇒5年に延長されたことが理由のようです。

15年度は新規取得による増加分を上回る廃業・失効があったことになります。

今後は2020年東京オリンピックの建設需要などもあり

新規で建設業許可を取得する業者が増加すると思います!

神奈川県の建設業許可・経審はお任せ下さい!

当事務所では

建設業許可新規申請

更新・決算変更届・業種追加

経審・入札参加など

建設業許可関連のサポートをしております!

建設業許可取得へのお悩み・ご相談は

神奈川・横浜 建設業許可申請サポートまでお気軽にご連絡ください!

お問い合わせ記事用

建設業許可申請 新規取得コース

毎月3社様限定! WEB割引を実施中!!
知事許可・個人 )

130,000円110,000円~(税別)
知事許可・法人 )
150,000円130,000円~(税別)

お手続きの内容 申請先・許可区分 基本報酬額 証紙代等実費 合計
建設業許可
新規申請
知事・個人 130,000円
110,000円~
90,000円 200,000円~
知事・法人 150,000円
130,000円~
220,000円~
知事・特定 150,000円~ 240,000円~
大臣許可 180,000円~ 150,000円 330,000円~

更新・決算変更届・業種追加コース

お手続きの内容 申請先・許可区分 基本報酬額 証紙代等実費 合計
更新 知事許可 70,000円~ 50,000円 120,000円~
決算変更届 30,000円~ 30,000円~
業種追加 80,000円~ 50,000円 130,000円~
更新 大臣許可 120,000円~ 50,000円 170,000円~
決算変更届 60,000円~ 60,000円~
業種追加 120,000円~ 50,000円 170,000円~
各種変更届 役員・資本金・商号・代表者 20,000円~
経営業務の管理責任者・専任技術者 30,000円~

経営事項審査(経審)・入札参加資格申請コース

お手続きの内容 基本報酬額 証紙代等実費 合計
決算変更届(経審用) 50,000円~ 50,000円~
経営状況分析 30,000円~ 申請手数料 30,000円~
+申請手数料
経営事項審査 60,000円~ 申請業種数
による
60,000円~
+申請業種数
経審シミュレーション 30,000円~ 30,000円~
入札参加資格申請 30,000円~ 30,000円~(1自治体)
申請数により料金の変動あり

※報酬額は税抜表示です。
法定の消費税を乗じてご請求申し上げます。

※上記報酬額は基本料金となっております。
書類作成の難易度により変動がございます。
(取締役・技術者様の人数、経管・専技の証明方法、業種数、営業所の数など)
事前にお見積書をご提示いたします。

※登記簿謄本、納税証明書、身分証明書、登記されていないことの証明書などを当事務所にて取得代行する場合は、実費分をご請求いたします。