ドローン飛行許可・承認は必要?|神奈川県・横浜市の建設業許可申請・経審をサポートします!

ご相談無料! 電話受付時間 10:00~22:00(土日祝日も受付中)

ドローン市場が活況!飛行許可は必要?ご説明します!

カテゴリー:建設業お役立ち情報(ブログ)

今後、ドローン活用が急速に進む?

国土交通省が2016年度から本格始動させた

i-Construction、ICT(情報通信技術)活用の背景から

今後の建設業界では、測量現場での操縦・撮影など

ドローンの活用が急速に進みそうです!

ドローン市場に異業種も参入?

日立システムズは

ドローン運用統合管理サービスをスタートしており、

キヤノンマーケティングジャパンも

産業用ドローン製造・開発会社に出資をしています。

建設関連ドローン市場に参入した異業種企業は、

技術・システム、ノウハウなどの提供を通じ、

測量会社や建設会社の支援をメーンにしていますが、

インフラ維持管理分野の業務などを

施設管理者からの直接受注を視野に入れる企業もあるようです。

ドローンを飛ばすには免許・許可は必要?

ドローンの免許

ドローンには自動車の運転免許のように公的な資格はありません。

現時点で日本国内で取得できるドローンに関する資格は

公的な免許ではなく民間の資格になります!

ドローンの飛行許可

以下の3つが許可の対象になっています。

①空港付近の飛行

②150メートル以上の高度を飛行

③人口集中地区の飛行

①、②は飛行空域を管轄する空港事務所に許可申請

③は国土交通省に許可申請

ドローンの飛行承認

以下に該当する場合は承認が必要になります。

①夜間の飛行

②目視外での飛行

③人又は物件から30m以上の距離が確保出来ない飛行

④催し場所 上空の飛行

⑤危険物の輸送

⑥物件の投下

許可や承認がなく、ドローンを飛行させた場合は

50万円以下の罰金が課されることがあります。

注意が必要です!!

全国建産連 ドローン操縦の資格制度創設?

全国建設産業団体連合会(全国建産連)は

中小建設業を対象にドローン操縦の資格制度を創設します。

2017、18年度の2年間で

認定ドローンパイロットを1000人輩出する計画です。

基礎・中級・上級の

3段階の資格認定でスタートする予定になっています。

現在、建設業界ではドローンの活用が急速に進んでいます!

今回の資格制度創設により、パイロット数も増加することになります。

それに伴いドーロン許可・承認申請も必要になってくると思います!

当事務所では

ドローン飛行許可・承認申請のサポートをしております。

ドローン許可・承認申請のことならお気軽にご連絡下さい!

お問い合わせ記事用

【料金表】ドローン許可・承認申請

お手続きの内容 基本報酬額 合計
ドローン飛行 許可 50,000円~ 50,000円~
ドローン飛行 承認 50,000円~ 50,000円~
包括申請
(エリア・時期が特定されていない申請)
例:都道府県内全域での飛行
80,000円~ 80,000円~
イベント会場での飛行
空港周辺での飛行
高度150m以上での飛行
70,000円~ 70,000円~
ドローンによる農薬散布 80,000円~ 80,000円~
国交省確認済機体 以外での申請 70,000円~ 70,000円~
飛行実績の報告書(3ヶ月ごと) 10,000円~ 10,000円~

※報酬額は税抜表示です。
法定の消費税を乗じてご請求申し上げます。

※上記報酬額は基本料金となっております。
書類作成の難易度により変動がございます。
(飛行方法、機体数、パイロット人数など)
事前にお見積書をご提示いたします。

神奈川県の建設業許可・経審はお任せ下さい!

当事務所では

建設業許可新規申請

更新・決算変更届・業種追加

経審・入札参加など

建設業許可関連のサポートをしております!

建設業許可取得へのお悩み・ご相談は

神奈川・横浜 建設業許可申請サポートまでお気軽にご連絡ください!