日建協 統一土曜閉所運動|神奈川県・横浜市の建設業許可申請・経審をサポートします!

ご相談無料! 電話受付時間 10:00~22:00(土日祝日も受付中)

【建設業界】土曜閉所率は過去最高?4週8休の実現へ!

カテゴリー:建設業お役立ち情報(ブログ)

日建協 統一土曜閉所運動は過去最高を更新?

日建協は、2016年11月に実施した

統一土曜閉所運動の結果をまとめました。

閉所率は前年同月比8.0ポイント増の67.6%

取り組みを始めた02年以降、

過去最高を2年連続で更新しました!

また運動日当日に閉所した完全閉所率は

4.9ポイント増の47.2%で、

7年ぶりに過去最高を更新しました。

建設業界では働き方改革が

各社の大きな課題となっていますが、

統一土曜閉所運動への理解が確実に広がっています!

統一土曜閉所運動

運動を実施したのは5293作業所

(土木2451作業所、建築2842作業所)

▼土木工事の完全閉所率

5.5ポイント増の49.8%

閉所率が7.7ポイント増の70.1%

▼建築工事の完全閉所率

4.3ポイント増の44.9%

閉所率が8.3ポイント増の65.4%

参加32加盟組合のうち

23組合の閉所率が上昇しており、

1組合が90%を超え、6組合が80%を超えています!

また国土交通省発注工事(368作業所)では

閉所率67.7%と過去最高を記録しましたが、

1.7ポイント増とほぼ横ばいになっており、

頭打ちの状況になっています。

次回は6月12日に行う予定です!

建設業界の4週8休の実現は?

今回は11月の年末繁忙期を控えている時期でしたが、

閉所率は前年同月比8.0ポイント増の67.6%と高く

建設業界でも4週8休が普及していきそうです!

しかし参加組合のうち8組合は閉所率が5割に届かず

今後の担い手・若手確保のためにも

4週8休の実現は各社の課題になってくると思います。

神奈川県の建設業許可・経審はお任せ下さい!

当事務所では

建設業許可新規申請

更新・決算変更届・業種追加

経審・入札参加など

建設業許可関連のサポートをしております!

建設業許可取得へのお悩み・ご相談は

神奈川・横浜 建設業許可申請サポートまでお気軽にご連絡ください!

お問い合わせ記事用

建設業許可申請 新規取得コース

毎月3社様限定! WEB割引を実施中!!
知事許可・個人 )

130,000円110,000円~(税別)
知事許可・法人 )
150,000円130,000円~(税別)

お手続きの内容 申請先・許可区分 基本報酬額 証紙代等実費 合計
建設業許可
新規申請
知事・個人 130,000円
110,000円~
90,000円 200,000円~
知事・法人 150,000円
130,000円~
220,000円~
知事・特定 150,000円~ 240,000円~
大臣許可 180,000円~ 150,000円 330,000円~

更新・決算変更届・業種追加コース

お手続きの内容 申請先・許可区分 基本報酬額 証紙代等実費 合計
更新 知事許可 70,000円~ 50,000円 120,000円~
決算変更届 30,000円~ 30,000円~
業種追加 80,000円~ 50,000円 130,000円~
更新 大臣許可 120,000円~ 50,000円 170,000円~
決算変更届 60,000円~ 60,000円~
業種追加 120,000円~ 50,000円 170,000円~
各種変更届 役員・資本金・商号・代表者 20,000円~
経営業務の管理責任者・専任技術者 30,000円~

経営事項審査(経審)・入札参加資格申請コース

お手続きの内容 基本報酬額 証紙代等実費 合計
決算変更届(経審用) 50,000円~ 50,000円~
経営状況分析 30,000円~ 申請手数料 30,000円~
+申請手数料
経営事項審査 60,000円~ 申請業種数
による
60,000円~
+申請業種数
経審シミュレーション 30,000円~ 30,000円~
入札参加資格申請 30,000円~ 30,000円~(1自治体)
自治体により料金の変動あり

※報酬額は税抜表示です。
法定の消費税を乗じてご請求申し上げます。

※上記報酬額は基本料金となっております。
書類作成の難易度により変動がございます。
(取締役・技術者様の人数、経管・専技の証明方法、業種数、営業所の数など)
事前にお見積書をご提示いたします。

※登記簿謄本、納税証明書、身分証明書、登記されていないことの証明書などを当事務所にて取得代行する場合は、実費分をご請求いたします。