古物商許可の要件・申請|神奈川県・横浜市の建設業許可申請をサポートします!

ご相談無料! 電話受付時間 10:00~22:00(土日祝日も受付中)

古物商許可の要件・申請を詳しくご説明します!

カテゴリー:建設業許可に関連・隣接する手続き

古物商許可が必要な場合

・古物を買い取って売る

・古物を買い取って修理等して売る

・古物を買い取って使える部品等を売る

・古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う
(委託売買)

・古物を別の物と交換する

・古物を買い取ってレンタルする

・国内で買った古物を国外に輸出して売る

・これらの行為をインターネット上で行う場合

古物商許可の具体例

リサイクルショップ、古美術商、古書店、金券ショップ、

中古AVゲームソフトショップ、中古車販売店、中古オートバイ販売店

カメラ店、中古OA機器販売店など

古物商許可の要件

欠格事由に該当する場合は、許可が受けられません。

①成年被後見人、被保佐人
又は破産者で復権を得ないもの

②罪種を問わず禁錮以上の刑

背任、遺失物・占有離脱物横領、

盗品等有償譲受け等の罪で罰金刑

古物営業法違反のうち無許可、許可の不正取得、

名義貸し、営業停止命令違反で罰金刑に処せられ

刑の執行が終わってから5年を経過しない者

※執行猶予期間中も含まれます。

執行猶予期間が終了すれば申請できます。

③住居の定まらない者

④古物営業法第24条の規定により
古物営業の許可を取り消されてから5年を経過しない者

⑤古物営業法第24条の規定により

許可の取り消しに係る聴聞の期日等の公示の日から

取り消し等の決定をする日までの間に

許可証を返納した者で、当該返納の日から起算して5年を経過しないもの

⑥営業について成年者と同一能力を有しない未成年者

⑦営業所又は古物市場ごとに

業務を適正に実施するための責任者としての管理者を

選任すると認められないことについて相当な理由のあるもの
 
⑧法人役員に①から⑤までに該当する者があるもの

古物商許可の申請について

申請窓口

営業所の所在地を管轄する警察署

申請手数料

19,000円

神奈川県・東京都

許可証交付までの期間

申請から約40日

申請場所の警察署から許可・不許可の連絡があります

有効期限

古物商の許可証には有効期限はありません

古物商許可の申請書類

書類名  必要書類 個人 法人
古物商許可申請書 別記様式第1号その1(ア)
別記様式第1号その1(イ) ×
別記様式第1号その2
別記様式第1号その3
添付書類 住民票
身分証明書
登記されていないことの証明書
法人の登記事項証明書 ×
法人の定款 ×
略歴書
誓約書
営業形態により
必要となる書類
営業場所の賃貸契約書の写し
駐車場等保管場所の
賃貸借契約書のコピー
URLの使用権限を疎明する資料

神奈川県の古物商許可申請のことならお任せ下さい!

当事務所では

古物商許可の書類作成・申請代行

建設業許可の取得など

多忙なお客様にかわり、書類作成・許可申請を代行いたします。

古物商許可・建設業許可申請のことなら

神奈川・横浜 建設業許可申請サポートお任せ下さい!

お問い合わせ記事用

【料金表】古物商許可申請

お手続きの内容 基本報酬額 証紙代等実費 合計
個人 40,000円~ 19,000円
※東京・神奈川
59,000円~
法人 50,000円~ 19,000円
※東京・神奈川
69,000円~

建設業許可申請 新規取得コース

毎月3社様限定! WEB割引を実施中!!
知事許可・個人 )

130,000円110,000円~(税別)
知事許可・法人 )
150,000円130,000円~(税別)

お手続きの内容 申請先・許可区分 基本報酬額 証紙代等実費 合計
建設業許可
新規申請
知事・個人 130,000円
110,000円~
90,000円 200,000円~
知事・法人 150,000円
130,000円~
220,000円~
知事・特定 150,000円~ 240,000円~
大臣許可 180,000円~ 150,000円 330,000円~

※報酬額は税抜表示です。
法定の消費税を乗じてご請求申し上げます。

※上記報酬額は基本料金となっております。
書類作成の難易度により変動がございます。
事前にお見積書をご提示いたします。