建設業の倒産は減少!東京商工リサーチ|神奈川県・横浜市の建設業許可申請・経審をサポートします!

ご相談無料! 電話受付時間 10:00~22:00(土日祝日も受付中)

建設業の倒産は6.4%減少?東京商工リサーチ公表!

カテゴリー:建設業お役立ち情報(ブログ)

建設業の倒産は26年ぶりの低水準?

東京商工リサーチは建設業の倒産数を発表しました。

2016年度(16年4月~17年3月)

負債1000万円以上の企業倒産

1581件(前年度比6.4%減)

8年連続で減少

1990年度以来(1579件)

26年ぶりの低水準になっています!

帝国データバンク

16年度の建設業の倒産は1558件(4.4%減)

こちらも8年連続の減少となっています!

負債総額

1652億7900万円(8.5%減)

3年連続で前年を下回っています。

負債10億円以上の大型倒産

14件(前年17件)

5000万円未満の小規模倒産

837件(1.7%増・構成比52.9%)

増加・過半数を占めており、

小規模業者の利益率低下・後継者問題などが

増加・過半数を占める要因になっています!

業種別の倒産件数

総合工事業771件(3.7%減)

職別工事業487件(9.9%減)

設備工事業323件(7.1%減)

倒産原因別

受注不振(販売不振)が973件(4.6%減)

全体の6割を占めています。

赤字累積が359件(5.2%減)

運転資金の欠乏が87件(6.4%減)となっています。

倒産前は減少も…休廃業・解散は増加!?

債務超過などで倒産する前に

休廃業・解散で撤退する企業が増加しています!

倒産件数の約5倍近くの7527件の

建設企業が休廃業・解散で撤退しています。

関連記事

『2016年 建設業の倒産は減少?』

神奈川県の建設業許可・経審はお任せ下さい!

当事務所では

建設業許可新規申請

更新・決算変更届・業種追加

経審・入札参加など

建設業許可関連のサポートをしております!

建設業許可取得へのお悩み・ご相談は

神奈川・横浜 建設業許可申請サポートまでお気軽にご連絡ください!

お問い合わせ記事用

建設業許可申請 新規取得コース

毎月3社様限定! WEB割引を実施中!!
知事許可・個人 )

130,000円110,000円~(税別)
知事許可・法人 )
150,000円130,000円~(税別)

お手続きの内容 申請先・許可区分 基本報酬額 証紙代等実費 合計
建設業許可
新規申請
知事・個人 130,000円
110,000円~
90,000円 200,000円~
知事・法人 150,000円
130,000円~
220,000円~
知事・特定 150,000円~ 240,000円~
大臣許可 180,000円~ 150,000円 330,000円~

更新・決算変更届・業種追加コース

お手続きの内容 申請先・許可区分 基本報酬額 証紙代等実費 合計
更新 知事許可 70,000円~ 50,000円 120,000円~
決算変更届 30,000円~ 30,000円~
業種追加 80,000円~ 50,000円 130,000円~
更新 大臣許可 120,000円~ 50,000円 170,000円~
決算変更届 60,000円~ 60,000円~
業種追加 120,000円~ 50,000円 170,000円~
各種変更届 役員・資本金・商号・代表者 20,000円~
経営業務の管理責任者・専任技術者 30,000円~

経営事項審査(経審)・入札参加資格申請コース

お手続きの内容 基本報酬額 証紙代等実費 合計
決算変更届(経審用) 50,000円~ 50,000円~
経営状況分析 30,000円~ 申請手数料 30,000円~
+申請手数料
経営事項審査 60,000円~ 申請業種数
による
60,000円~
+申請業種数
経審シミュレーション 30,000円~ 30,000円~
入札参加資格申請 30,000円~ 30,000円~(1自治体)
自治体により料金の変動あり

※報酬額は税抜表示です。
法定の消費税を乗じてご請求申し上げます。

※上記報酬額は基本料金となっております。
書類作成の難易度により変動がございます。
(取締役・技術者様の人数、経管・専技の証明方法、業種数、営業所の数など)
事前にお見積書をご提示いたします。

※登記簿謄本、納税証明書、身分証明書、登記されていないことの証明書などを
当事務所にて取得代行する場合は実費分をご請求いたします。